食道腺癌の前駆病変と考えられているバレット食道の患者を5年(中央値)追跡した研究で、実際に食道腺癌に罹患する患者は年間0.12%にとどまることが明らかになった。ただし、一般集団と比較したリスクは11.3倍と高かった。デンマークAarhus大学病院のFrederik Hvid-Jensen氏らが、NEJM誌2011年10月13日号に報告した。

ログインして全文を読む