日本と同様に米国でも、血液透析の頻度は週3回が一般的だ。多くの患者が週末は中2日、それ以外は中1日の間隔で透析を続けている。だが、米United States Renal Data SystemのRobert N. Foley氏らは、中2日空けると、その翌日の全死因死亡、心血管死亡と心血管疾患による入院のリスクが有意に高まることを明らかにした。論文は、NEJM誌2011年9月22日号に掲載された。

ログインして全文を読む