重症の外傷性脳損傷患者に対する減圧開頭術の適用が増えている。この介入法が患者の転帰にもたらす影響を調べる無作為化試験を世界で初めて行ったオーストラリアAlfred病院のD. James Cooper氏らは、頭蓋内圧亢進に対する標準治療に加えて減圧開頭術を行った患者では、標準治療のみを行った患者に比べ、6カ月後の転帰不良のリスクが高い可能性を示した。論文は、NEJM誌電子版に2011年3月25日に掲載された。

ログインして全文を読む