重症冠動脈疾患患者に対し血行再建術を行う際に、薬剤溶出ステント(DES)留置術を選択した場合と、冠動脈バイパス術(CABG)を選択した場合とでは、QOL面での転帰はどのように異なるのだろうか。米University of Missouri-Kansas City (UMKC)のDavid J. Cohen氏らは、この疑問に基づき、先に行われたSYNTAX試験に登録された重症冠動脈疾患患者のデータを分析した。この結果、狭心症発作のリスク低減はCABGの方が有意に大きいこと、ただし両群間の絶対差はわずかであることが明らかになった。論文は、NEJM誌2011年3月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む