急性非代償性心不全で入院した患者へのループ利尿薬投与において、ボーラス静注でも持続静注でも、高用量でも低用量でも、患者の自己申告による全般的症状の改善レベルに差はない―。そんな知見が、米国立心肺血液研究所(NHLBI)心不全臨床研究ネットワークの研究者たちが行った前向き無作為化試験Diuretic Optimization Strategies Evaluation(DOSE)で得られた。米Duke大学のMichael Felker氏らが、NEJM誌2011年3月3日号に報告した。

ログインして全文を読む