中心静脈(CV)カテーテルを用いた血液透析を週3回受けている患者のロックソリューションとして、毎回ヘパリンを用いる方法より、週に1回は組み換え組織プラスミノーゲン活性化因子(t-PA)に代える方法の方が、カテーテル機能不全とカテーテル関連菌血症のリスクが低いこと分かった。カナダCalgary大学のBrenda R. Hemmelgarn氏らが行った多施設無作為化試験によるもので、論文はNEJM誌2011年1月27日号に掲載された。

ログインして全文を読む