非小細胞肺癌患者の一部に、ALKの転座に起因するEML4-ALK融合遺伝子が認められる。米Massachusetts総合病院のEunice L. Kwak氏らは、そうした肺癌患者にALK阻害薬クリゾチニブを適用すると高い奏効率が得られることをフェーズ1試験で明らかにした。だが、一部の患者にクリゾチニブ耐性が見られたことから、自治医大のYoung Lim Choi氏らは融合遺伝子の配列を調べて、治療開始以降にこの遺伝子上に新たに生じた突然変異2つが癌細胞に耐性を付与していることを明らかにした。どちらの論文も、NEJM誌2010年10月28日号に掲載された。

ログインして全文を読む