2型糖尿病患者の血糖値、血中脂質量、血圧を厳格に管理すれば、糖尿病性網膜症の進行を抑制できるのではないか。この仮説を検証するため、無作為化試験ACCORDに登録された患者を分析したCCORD Study Group and ACCORD Eye Study Groupの研究者らは、厳格な血糖管理と厳格な脂質降下治療は網膜症の進行を遅らせることを明らかにした。一方、厳格な血圧管理は網膜症の転帰に影響を与えていなかった。論文は、NEJM誌2010年7月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む