心房細動患者の心拍数のコントロールにおいて、ガイドラインに沿って厳格に管理する治療と、より緩やかな目標値を目指す治療とで、転帰に差がないことが明らかになった。オランダGroningen大学のIsabelle C. Van Gelder氏らが行った無作為化試験によるもので、論文は、NEJM誌2010年4月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む