中国では、ライフスタイルの急速な変化に伴う糖尿病患者の増加が懸念されている。中国の中日友好医院のWenying Yang氏らは、中国の糖尿病有病率と糖尿病前症の有病率を推定し、公衆衛生上の大問題となっていることを明らかにした。論文は、NEJM誌2010年3月25日号に掲載された。

ログインして全文を読む