2型糖尿病患者の心血管リスクは、複数の脂質降下薬の併用によって低減できるのではないか。そう考えた米Columbia大学Henry N. Ginsberg氏らは、この仮説を検証するためACCORD lipid試験を行った。だが、スタチンのみを投与した患者と、スタチンに加えてフィブラートを投与した患者の心血管イベント発生率に差は見られなかった。論文は、NEJM誌電子版に2010年3月14日に掲載された。

ログインして全文を読む