2型糖尿病患者の血圧を厳格に管理すれば、心血管リスクは低下するのだろうか。この疑問の答えを得るべく、米退役軍人医療センターWilliam C. Cushman氏らがACCORD BP試験の結果を解析したところ、目標とした収縮期血圧が120mmHg未満のグループと140mmHg未満のグループの間で、心血管イベント発生率に差はないことが明らかになった。論文は、NEJM誌電子版に2010年3月14日に掲載された。

ログインして全文を読む