入院時に患者の鼻腔内の黄色ブドウ球菌保菌状況を調べ、陽性者には除菌を行えば、黄色ブドウ球菌の院内感染発生率を58%低減できる―。そんな無作為化試験の結果を、オランダErasmus医療センターのLonneke G.M. Bode氏らがNEJM誌2010年1月7日号に報告した。

ログインして全文を読む