準汚染手術を受ける成人患者の皮膚消毒において、クロルヘキシジン-アルコールを用いた方が、ポビドンヨードを用いた場合に比べて術後30日間の感染リスクが41%低い―。そんな無作為化試験の結果を、米Baylor医科大学のRabih O. Darouiche氏らが、NEJM誌2010年1月7日号に報告した。

ログインして全文を読む