新型インフルエンザ(2009 H1N1)において、家庭内で2次感染したと見られる患者は小児に多く、50歳超には少ないこと、世帯を構成する家族の人数が少ないほど2次感染のリスクは高いことが、英London大学Imperial CollegeのSimon Cauchemez氏らの研究で明らかになった。発端患者の症状発現から接触者の症状発現までの日数の中央値は2.6日だった。論文は、NEJM誌2009年12月31日号に掲載された。

ログインして全文を読む