肺癌ハイリスク者を対象とするスクリーニングにマルチスライスCTが用いられるようになり、非石灰化肺結節が発見される機会が増加した。オランダErasmus Medical CenterのRob J. van Klaveren氏らは、非石灰化肺結節が検出された場合に用いる安価でシンプル、かつ偽陽性率を高めることのない診断戦略を提案し、NEJM誌2009年12月3日号に報告した。

ログインして全文を読む