スタチンと組み合わせることで血中脂質プロファイルを改善し、主要な心血管イベントを減らすことができるのは、ナイアシンか、エゼチミブか。この問いを検証すべく無作為化試験を実施した米Walter Reed陸軍医療センターのAllen J. Taylor氏らは、頸動脈内膜中膜複合体厚(CIMT)の減少と主要な心血管イベントリスクの低減において、ナイアシンがエゼチミブに優ることを示した。論文は、NEJM誌2009年11月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む