冠動脈バイパス術(CABG)を人工心肺を使わずに行った場合、人工心肺を使った場合に比べて術後30日のアウトカムに差はなく、1年間の複合有害イベント発生率は有意に高い―。そんな無作為化試験の結果が、米Northport 退役軍人医療センターのA. Laurie Shroyer氏らによって、NEJM誌2009年11月5日号に報告された。

ログインして全文を読む