経口糖尿病治療薬による血糖管理が不十分な患者には、インスリン療法が必要となる。その場合、どのレジメンが安全かつ有効なのだろうか。この問いを検証すべく、英Oxford大学のRury R. Holman氏らは、複数のレジメンを直接比較する3年間の無作為化試験を行った。この結果、経口糖尿病治療薬によって十分に管理できない患者には、まず基礎インスリンを適用し、それでも糖化ヘモグロビンの目標値が達成できない場合には、基礎+食前インスリンを用いる方法が有用という結論を得た。詳細は、NEJM誌2009年10月29日号に報告された。

ログインして全文を読む