ワルファリンは心房細動患者の脳卒中リスクを低減するが、出血リスクを上昇させる危険性があり、慎重に使用する必要がある。カナダMcMaster大学のStuart J. Connolly氏らは、直接トロンビン阻害作用を持つ経口抗凝固薬dabigatran etexilate(ダビガトラン・エテキシラート)がワルファリンの代替として有用であることを明らかにした。この大規模フェーズ3試験の結果は、NEJM誌電子版に2009年8月30日に報告された。

ログインして全文を読む