アテローム性血管疾患の患者が血管外科手術を受けると、有害な心イベントが発生しやすい。オランダErasmus医療センターのOlaf Schouten氏らは、こうした患者に対して術前約1カ月間スタチンを投与すると、術後に30日間の心筋梗塞リスクが45%低下することを、無作為化試験によって明らかにした。詳細は、NEJM誌2009年9月3日号に報告された。

ログインして全文を読む