画像診断の適用が増えるにつれて、一般集団における低線量電離放射線被曝が懸念されるようになった。米Emory大学のReza Fazel氏らは、医療保険の請求データを分析し、18〜64歳の米国民では、検査による被曝レベルが自然放射線の年間被曝量とほぼ同等になっていることを明らかにした。詳細は、NEJM誌2009年8月27日号に報告された。

ログインして全文を読む