完全ヒトモノクローナル抗体製剤のデスノマブを、骨粗鬆症の閉経女性および前立腺癌患者に投与した2つの無作為化試験の結果が、それぞれ別個の論文としてNEJM誌2009年8月20日号に同時掲載された。いずれの試験でも、デスノマブ投与により骨折リスクの減少が認められた。

ログインして全文を読む