減量手術の術後30日の死亡率は0.3%と低く、有害転帰発生は全体の4.1%にとどまる――。そんな前向き観察研究の結果が、米Washington大学のDavid R. Flum氏ら、The Longitudinal Assessment of Bariatric Surgery (LABS) Consortiumのメンバーにより報告された。論文は、NEJM誌2009年7月30日号に掲載された。

ログインして全文を読む