ブタ由来インフルエンザ(A/H1N1)の流行が明らかになる直前の2009年3月から4月にかけて、メキシコから世界各国に飛んだ航空旅客数と、目的地におけるH1N1輸入感染確定例発生との間に、強力な相関関係がある――。そんな研究結果が、カナダSt. Michael's HospitalのKamran Khan氏らによって示された。詳細は、NEJM誌電子版に2009年6月29日に掲載された。

ログインして全文を読む