脳卒中危険因子を有する心房細動患者のうち、ワルファリンなどのビタミンK拮抗薬が適さない人々にはアスピリンが用いられる。ここにクロピドグレルを追加した場合の安全性と有効性を評価したACTIVE A試験で、併用により主要アウトカムの血管イベント、特に脳卒中のリスクは下がるが、大出血リスクが上昇することが分かった。カナダMcMaster大学のStuart J. Connolly氏らが、NEJM誌電子版に2009年3月31日に報告した。

ログインして全文を読む