前立腺特異抗原(PSA)検査、直腸診、その他の方法による前立腺癌スクリーニングの利益は未だ明確になっていない。米国Washington大学医学部のGerald L. Andriole氏らは、スクリーニングの前立腺癌死亡に対する影響を明らかにするためにPLCO試験を進めている。NEJM誌2009年3月26日号に報告された、登録から7〜10年の時点の分析結果は、スクリーニングが前立腺癌死亡率の低減をもたらさないことを示した。

ログインして全文を読む