前立腺特異抗原(PSA)による早期前立腺癌のスクリーニングを受けると、前立腺癌による死亡リスクは減るのだろうか。欧州7カ国で行われたERSPC試験の結果、PSA検査によるスクリーニングを受けたグループでは、スクリーニングを受けなかったグループよりも前立腺癌死亡リスクが20%低いという分析結果が得られた。詳細は、オランダErasmus Medical CenterのFritz H. Schroder氏らが、NEJM誌2009年3月26日号に報告した。

ログインして全文を読む