米国では2002年以降、閉経女性を対象とするホルモン補充療法(HRT)が減少した。これと並行して乳癌の罹患率も減少したため、国民レベルでもHRTと乳癌の関係が疑われるようになった。米国Harbor-UCLA Medical CenterのRowan T. Chlebowski氏らは、HRT減少のきっかけとなったWHI試験のデータを分析し、HRT期間と治療中止後の乳癌リスクの変化を調べた。得られた結果は、HRTの減少が乳癌罹患率低下の一因であるという説を支持するものだった。詳細は、NEJM誌2009年2月5日号に報告された。

ログインして全文を読む