高血圧の治療において、どの降圧薬を組み合わせれば、降圧を越える利益が得られるのだろうか。米Michigan Health System大学のKenneth Jamerson氏らは、ハイリスク高血圧患者を対象とする無作為化二重盲検試験を行い、アンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬のベナゼプリルと利尿薬のヒドロクロロチアジド併用に比べ、ベナゼプリルとカルシウム(Ca)拮抗薬のアムロジピンを併用した方が、心血管イベントリスクが20%減少することを明らかにした。詳細は、NEJM誌2008年12月4日号に報告された。

ログインして全文を読む