欧州では、乳癌スクリーニングのためのマンモグラフィーの読影を専門家2人で行っている国が多い。英Aberdeen大学のFiona J. Gilbert氏らは、フィルムマンモグラフィーを用いたスクリーニングにおいて、コンピューター支援検出システム(CAD)を利用すれば、1人で読影しても癌検出率は2人で読影した場合と同等になることを示した。詳細は、NEJM誌2008年10月16日号に報告された。

ログインして全文を読む