抗腫瘍壊死因子α(TNFα)抗体製剤アダリムマブ(ヒューミラ)は、メトトレキサート(MTX)使用の有無にかかわらず、若年性関節リウマチ(JRA)患者の再燃を有意に抑制することが、多施設無作為化試験の結果、明らかになった。米国Cincinnati小児病院のDaniel J. Lovell氏らの報告で、詳細はNEJM誌2008年8月21日号に掲載された。

ログインして全文を読む