経皮的冠インターベンション(PCI)直後の血栓塞栓性合併症リスクを減らす目的で、ビバリルジンと未分画ヘパリンの臨床利益を比較する無作為化試験の結果、これら2つの薬剤の効果には差がないこと、しかし出血リスクのみに注目すればビバリルジンが未分画ヘパリンに優る効果を持つことが示唆された。ドイツミュンヘン工科大学のAdnan Kastrati氏らの報告で、詳細はNEJM誌2008年8月14日号に報告された。

ログインして全文を読む