安定冠動脈疾患に経皮的冠インターベンション(PCI)と至適薬物療法を併用した場合と、至適薬物療法のみの治療を比較したCOURAGE試験で、患者の健康状態に焦点を当てた分析の結果、PCIを追加しても利益の上乗せは小さく、さらに6〜24カ月で利益が見られなくなることが明らかになった。米国Christiana Care Health SystemのWilliam S. Weintraub氏らの報告で、詳細はNEJM誌2008年8月14日号に掲載された。

ログインして全文を読む