病期がT2、T3、T4の腫瘍には、胃切除とD2リンパ節郭清が標準適用されるが、さらに大動脈周囲リンパ節郭清(PAND)を行う術式も適用されている。しかし、生存期間延長が可能かどうかについては議論があった。国立がんセンター中央病院の笹子三津留氏らは、日本で無作為化試験を行い、PANDを併用しても生存利益は見られないことを明らかにした。詳細は、NEJM誌2008年7月31日号に報告された。

ログインして全文を読む