HbA1c6.0%以下を目指す厳格な血糖値管理によって、心血管リスクが高い2型糖尿病患者の死亡率が上昇したとして、厳格管理群の試験を中止したACCORD試験。今年2月の米国国立心肺血液研究所(NHLBI)の発表から4カ月経ち、詳細な論文がNEJM誌電子版2008年6月6日に発表された。報告したのは、米国Wake Forest大学のRobert P. Byington氏らThe Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Groupの研究者たちだ。

ログインして全文を読む