腹部大動脈瘤に対する血管内治療の適応が増えている。日常診療を反映する集団を対象に、血管内治療と開腹手術の短期的および長期的なアウトカムを比較した結果、血管内治療の短期的な利益が示された。生存利益については、高齢の患者ほど長く維持された。米国Beth Israel Deaconess医療センターのMarc L. Schermerhorn氏らの報告で、詳細はNEJM誌2008年1月31日号に掲載された。

ログインして全文を読む