慢性B型肝炎患者を対象に、新規抗ウイルス薬のテルビブジンの有効性と安全性をラミブジンと比較した第3相試験で、HBe抗原陽性患者ではテルビブジンがラミブジンに優ること、HBe陰性患者においては同等であることが明らかになった。香港Queen Mary病院のChing-Lung Lai氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年12月20日号に掲載された。

ログインして全文を読む