フランスINSERMのSamir Jaber氏らは、ICUに入院している代謝性アシドーシス患者に重炭酸ナトリウムを静注し、動脈血のPHを7.30以上に保つ治療を行うランダム化対照試験を行ったが、28日死亡と7日以内の臓器不全を減らすことはできなかった。しかし、Acute Kidney Injury Network(AKIN)スコアが2または3のサブグループでは、成績向上が期待できると報告した。結果はLancet誌電子版に2018年6月14日に掲載された。

 ICUの患者には急性の代謝性アシドーシスがしばしば認められる。重炭酸ナトリウム(SB)の静注も治療の選択肢になると考えられており、実際に治療に使われているが、治療成績に与える影響を調べた研究は行われていない。そこで著者らは、SB静注が重症患者のアウトカムを改善するかどうかを調べるために、オープンラベルの多施設ランダム化対照試験を計画した。

 フランスの26施設のICUに入院した患者の中から、年齢が18歳以上、ICU入院から48時間以内にpHが7.20以下、PaCO2が45mmHg以下、HCO3-は20mmol/L以下の重症アシデミア患者で、SOFA(sequential organ failure assessment)スコアが4以上、または動脈血の乳酸値が2mmol/L以

代謝性アシドーシスにNaHCO3点滴は有効か?の画像

ログインして全文を読む