腰椎穿刺用の針には、従来から用いられている通常型の針の他に、ペンシルポイントの特殊針がある。カナダMcMaster大学のSiddharth Nath氏らは、腰椎穿刺に用いる針の違いを比較したランダム化対照試験(RCT)を対象に系統的レビューとメタアナリシスを行い、特殊針を用いた方が、硬膜穿刺後頭痛などが有意に少なかったと報告した。結果はLancet誌電子版に2017年12月6日に掲載された。

腰椎穿刺用の特殊針は硬膜穿刺後頭痛を減らすの画像

ログインして全文を読む