仏InsermのDavid Montaigne氏らは、コホート研究とランダム化試験で、大動脈弁置換術(AVR)は午前中に行うより午後に行った方が心筋の虚血再灌流障害のリスクが低いこと、さらにex vivo実験でこの現象には時計遺伝子が関与している可能性があることを報告した。Lancet誌電子版に2017年10月26日に掲載された。

大動脈弁置換術は午後に行うべきの画像

ログインして全文を読む