ニュージーランドMedical Research Institute of New ZealandのStefan Ebmeier氏らは、WHOから世界の46カ国の喘息死亡率に関するデータを得て分析し、1993年から2006年までの期間は、死亡率は経時的に低下していたが、それ以降、主に北米で死亡率低下が見られなくなったと報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2017年8月7日に掲載された。

国際的な喘息死亡率減少にブレーキの画像

ログインして全文を読む