肺塞栓(PE)が疑われる患者へのCT肺動脈造影(CTPA)の過剰適用は避けることが望ましい。オランダLeiden大学Tom van der Hulle氏らは、より簡単に利用できてCTPAの適用を安全に減らせる臨床決断ルールとしてYEARSを提案、前向きにその有効性と安全性を評価し、新ルールを利用すれば、Well'sルールを用いた場合に比べ、CTPAが適用される患者を14%減らせると報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2017年5月23日に掲載された。

急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案の画像

ログインして全文を読む