分娩後出血は、世界的に妊産婦死亡の主な原因になっている。WOMAN Trial CollaboratorsでLondon大学衛生熱帯医学大学院所属のHaleema Shakur氏らは、国際的なランダム化対照試験を行い、分娩後出血発生後3時間以内にトラネキサム酸を静注すると、出血による死亡リスクを減らせると報告した。結果は、Lancet誌電子版に2017年4月26日に掲載された。

トラネキサム酸は分娩後出血での死亡を減らすの画像

ログインして全文を読む