タバコ規制の強化は、喫煙者の減少に結びついた。しかし世界的には、喫煙は未だに、早すぎる死亡と障害の主な原因の1つだ。米Washington大学Seattle校のEmmanuela Gakidou氏らは、世界各国の喫煙の現状と経時的な変化を調べて、Lancet誌電子版に2017年4月5日に報告した。

喫煙率の減少傾向は世界各国で異なるの画像

ログインして全文を読む