英国University College LondonのHashim U Ahmed氏らは、多施設コホート研究PROMISを行い、血清PSA値が高い男性に対して、マルチパラメトリック磁気共鳴画像法(MP-MRI)を用いて前立腺生検が必要な患者をトリアージすると、生検が必要な患者が減少し、さらに過剰診断も減らせることを示唆する結果を得た。詳細はLancet誌電子版に2017年1月19日に掲載された。

前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべきの画像

ログインして全文を読む