増悪リスクの高い慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者を対象に、長時間作用性ムスカリン受容体遮断薬、吸入ステロイド、長時間作用性β刺激薬の3剤を単一の吸入器を通じて投与するレジメンの有効性と安全性を、吸入ステロイドとβ刺激薬の2剤を投与するレジメンと比較する臨床試験を行った英Manchester大学のDave Singh氏らは、3剤にステップアップ治療で臨床利益が得られると報告した。結果はLancet誌2016年9月3日号に掲載された。

COPD患者に1つの吸入器による3剤併用が有望の画像

ログインして全文を読む