抗菌薬含浸中心静脈カテーテルを使用することにより、PICUで治療を受けている小児患者の血流感染を、通常のカテーテルを使用した場合よりも減らせるという研究が報告された。これは、英国UCL Institute of Child HealthのRuth E Gilbert氏らが実施したRCT(the CATCH trial)によるもので、詳細はLancet誌電子版に2016年3月3日に掲載された。

抗菌薬含浸CVカテはPICUの血流感染を減らすの画像

ログインして全文を読む