免疫チェックポイント阻害薬ペンブロリズマブを非小細胞肺癌患者に適用したフェーズ2/3試験KEYNOTE-010で、腫瘍におけるPD-L1発現率が1%以上の患者に全生存期間延長効果が見られた。詳細は、米Yale大学医学部のRoy S Herbst氏らによってLancet誌電子版に2015年12月19日に報告された。

ログインして全文を読む