植え込み型機器による肺動脈圧のモニタリングにより、薬物療法を細やかに調節することで、中等症から重症の心不全患者の転帰が改善する──。植え込み型肺動脈圧センサー「CardioMEMS」のランダム化比較試験「CHAMPION」の長期成績が発表された。

ログインして全文を読む